無料
エロ
動画

無理矢理

  • 2011/07/01(金) 16:40:24

俺が中3のころにクラスの委員会が同じ子がいた。
その子は特別カワイイって感じでもなかったけど、胸とかお尻が大きくていつかはSEXしたいなって思ってた。
ある日、委員会で2人きりで学校に残ってたことがあった。
その子が学校にある資料室っていうところにモノを取りに行くっていったんで、
一緒に行こうって俺が言って2人で行くことになった。
まわりの廊下に誰もいない資料室で、2人で昔の資料を探してるときにその子が背伸びをした時、チラッとお腹が見えた。

制服の下にブラしか付けてないって思うとチンコがビンビンに立ってきて
2人っきりだったんでとにかくその子をレイプしたくなった。
「見つからないねぇ〜」ってその子が疲れてイスに座った瞬間に俺はチャックを下ろして
勃起したチンコをその子の顔にゴシゴシ擦り付けた。
必死に抵抗したけどお構いなしに、頭をつかんでガマン汁も塗りたくった。

それから以前から冗談でパンチラを撮影できればいいなって思って持ってきてたデジカメを
制服のポケットからだしてその子の頭を左手で押さえて
チンコを顔に押し付けた状態で何枚か撮影した。
「このこと誰かに言ったらネットで公開するぞ」って言って、それから無理やり口にチンコを押し込んで、口の中で擦った。
最高に気持ちよかった。
発射しそうになったんで口から抜いて、顔にぶっかけた。
口の中で擦ってる途中から泣き出して、発射したときは精液と涙で顔がぐちゃぐちゃだった。
その顔もさらにデジカメで撮影しておいた。
一応その子の顔をティッシュで拭いてその後、その子となにくわぬ顔で委員会を終えて家に帰った。

それから、画像も手に入ったから本格的にレイプが出来るかなって思ったけど
学校だとバレる可能性もあるんで、自分の家にその子をメールで呼び出した。
もちろん家族が出かけてる日に。
その子が家に来て、玄関で「お願いだから画像全部消してよ!」って言ったけど
とりあえず、適当な理由をつけて無理やり部屋に連れ込んだ。
パソコンの画面に前に撮った画像を見せて、
「現役の中学生が無理やりフェラ されてる画像とかあったら驚くよなぁ」って言ったら俺に泣きながらお願いしてきた。
でもその子を部屋に入れたときからチンコがビンビンになってた俺はガマンできなくなってその子を押し倒した。
押し倒したけど、その子に大声で叫ばれると厄介だから近くにあったタオルで口を縛った。

それから両手も、用意しておいたガムテープで縛ってベッドの足に固定した。
その子は必死に抵抗してたけどガムテープは外れそうに無かったんで俺は落ち着いて、自分の服を脱ぎ始めた。
裸になって、改めてガムテープで縛られて口をタオルでふさがれたその子を見ると
何もしなくても精液が発射しそうなくらい興奮した。
一気にパンツをずり下ろして、マンコを見てしまうのももったいないから靴下から少しずつ脱がしていった。

足がまだバタバタしたけど押さえながらズボンまで脱がす事が出来た。その子のお尻や太ももはとてもムチムチしてて
手で揉んだり、顔を押し付けたりしてかなり気持ちよかった。
そして、パンツを脱がすと毛が少ないマンコが見えた。
ちょっと臭かったけど構わず舌で舐めまわした。肛門もベロベロ舐めた。

凄い興奮してた俺は一気にシャツやブラを外して抱きついた。
思ったどおり、胸は結構デカくて揉んだりしゃぶったりいろいろした。
ガマン汁が結構でてきたんで、挿入をする事にした。
入れ始めるとかなり暴れ出して、タオルで口を縛ってても「痛い痛い」と聞こえてきた。
構わず、奥までどんどん挿入していって俺は結構チンコがデカイほうだったけど全部膣の中に押し込んだ。気持ちよかった。
それから入れたり出したり(ピストン?)して遊んだ。
そのとき思い出して、デジカメを持ってきて裸になって縛られてるその子を
何枚も撮影したり、チンコが挿入されてるマンコを撮影した。
そしたら、暴れてたその子がいきなりおとなしくなったんでガムテープやタオルを外した。
それでも暴れなかったから、ベッドの上にその子をのせてまた胸を揉んだりした。

そしたら嫌がってたけど前よりは大人しかった。
どうやらもう諦めたらしい。それまではタオルで口を縛ってたんでフェラができなかったけど今度はやることができた。
(無理矢理口に押し込んだんだけど。)
また挿入をして、ピストンを始めた。まだその子は「痛い・・・」って言ってた。

限界までピストンして漏れそうになったんで抜いて、また前に見たいに顔にぶっかけた。
チンコが萎えてしまったんで「舐めてほしいなぁ・・・」って言ったらその子は嫌がりながらも舐めてくれた。そしてまた勃起。
そんな感じで5、6回はやった。


【るるぶトラベル】国内旅行予約
【じゃらん予約】

close
の直前に貼り付けてください。 -->